さつまいもで胸焼け?食べ方を知ってより美味しく健康的に♪

「さつまいもは皮ごと食べる?!」

さつまいもの皮は食べますか?

食べない人結構いますよね?

実は食べたほうがいいそうなんです!

私もいつも皮を食べるか食べないか、
迷ってしまうんです。

そこで今回はさつまいもの
なぞと食べ方を
一緒に学びたいと思います♪

スポンサーリンク


皮を食べるのは胸焼け防止のため?!

さつまいもって美味しいですよね?
私も大好きな食材です。

さつまいもを食べた後
胸焼けや胃もたれするとき
ありませんか?
私もあります。

急いで食べてのどに詰まったのかな?

とか食べ過ぎたから胃もたれしちゃった…

などと思っていたのですが、
実はそうでは無かったんです!

さつまいもは焼いたり蒸かしたりして
食べることが多いですよね。

さつまいもには“βアミラーゼ”という
デンプンを分解して糖に変える
糖化酵素が多く含まれています。

蒸す、焼くことで
糖化酵素がデンプンを麦芽糖に変えて
甘みが増えます。

分かりやすくレンジャーものに例えると…

蒸す、焼くという攻撃を受け
βアミラーゼという変身ベルトが反応し
デンプンくんが分解されて
麦芽糖(バクガトウ!)に変身しちゃう?

みたいなイメージでしょうか?笑

でもその甘みが胃に入ると
酸度の強い胃液を発生させて
食道の下部を刺激して
胸焼けが起こってしまうそうです。

ヒーローでもなんでも無いんですね…笑
でも美味しくなる点ではヒーローかも♪

これはさつまいもに限らず
甘いものはこう言った原因で
胸焼けや胃もたれの症状を
起こしてしまうそうなんです。

確かに甘いものをたくさん食べた後
胃もたれや胸焼けを
起こした経験ありますよね。

ではどうしたら解消できるのでしょうか?

胸焼けなんてさよなら!解消方法!

そこで皮の出番なんです♪

さつまいもの皮付近には

“ヤラピン”

という物質が含まれています。

さつまいもを切ったときに
皮目の部分から
白い乳液が出てくることを
ご存知ですか?

それが“ヤラピン”なんです。

ヤラピンってあだ名みたいで
かわいいですね♪

言いたくなります(笑)

このヤラピンには
糖化酵素(βアミラーゼ)の作用阻害や
微生物の生育抑制
さらに緩下作用があるそうなんです。

デンプンを麦芽糖に変身させちゃう
βアミラーゼの力を阻害するそうなんです。

良い奴ですね!笑

さらに腸のぜんどう運動を促す作用が
あるので便秘の方にはおすすめです。

熱に強いのでどの調理方法でも
活躍してくれるのです。

良いヒーローを発見しましたね!笑

スポンサーリンク


さつまいもの美味しい食べ方♪その1

さつまいもの有効な食べ方を
知ることが出来ました。

そんなさつまいもの
蒸す、焼く以外の食べ方を
ご存知ですか?

私のおすすめをお教えします♪

さつまいもの煮物

意外とやらない方が多いみたいです。
我が家ではおばあちゃんもお母さんも
よく作ってくれましたよ♪

まず、さつまいもを輪切りもしくは
扇型に切ります。

ひたひたの水と
醤油、砂糖、みりんを入れて
煮れば出来上がりです♪

簡単でとってもおいしいです!

分量はお好みで☆

さつまいもバター添え

出典:http://pecolly.jp

これは本当に簡単です!
蒸したり焼いたりしたさつまいもに
バターをつけるだけ
とっても美味しくなります♪

しかもこれには
胸焼けや胃もたれ防止の作用があるんです!

バターの脂肪分が胃を保護してくれて
胸焼けや胃もたれ防止作用があるんです。

牛乳でもその作用があるので
焼き芋と一緒に飲むのもいいですね。

皮が苦手な方におすすめする食べ方です。

スポンサーリンク


まとめ

さつまいもがこんなに深い食材だとは
知りませんでした。

実はもっと興味深いことがあるのですが、
今回はここまでに・・・♪

さつまいもはスイーツでも
ご飯としてでも活躍してくれる
食材だと思います。

秋を感じさせてくれる
さつまいもをより美味しく
健康的に楽しんではいかがでしょうか♪

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする