春香クリスティーンが海外の大学に行く理由

春香クリスティーンさんが
勉強するという目的のために
芸能界を休業するという発表がなされましたね。

春香クリスティーンさんが
なぜ休業をすることになったのでしょう。

春香クリスティーンさんは以前
「自分なりの形で日本とスイスの懸け橋になりたい
とおっしゃっておりました。

彼女はこうも言っていました。
「頭によぎるものがある…」

日本とスイスのハーフということが
何か関係しているのでしょうか?

彼女の性格や育った環境から
休業の決断に至った経緯を考えてみたいと思います。

スイスでの引きこもっていた時期

春香クリスティーンさんは
スイスのチューリッヒで生まれ育ちました。

引用元:http://jonny.click

スイスでの生活は馴染めるものでは
ありませんでした。

なぜなら春香クリスティーンさんの性格は
人見知りが激しく、内気な性格だったからです。

すぐに「すみません」「ごめんなさい」と
謝るくせがあり
ずっと人の顔色を伺いながら生きてきたのです。

ところが、スイスでは
ズバズバ自分の思ったことを言う
のが普通で

同級生からは
「謝るより、もっと建設的なことを頂戴」
と言われ傷ついたそうです。

春香クリスティーンさんには
日本人の気を遣う性格が強くあったようです。

小学校2、3年に転校したことがきっかけで
いじめを受けるようになりました。

そこから誰ともしゃべらずに
パソコン教室で日本のサイトを
ずっと見ていたそうです。

その頃から日本に興味を持っていた
春香クリスティーンさんは
週に一回、土曜日に行く
日本人学校が唯一の息抜きの場所でした。

そこには同じ境遇の友達が
たくさん居た
からです。

日本の感覚もスイスの感覚も分かる
友達やその空間は
春香クリスティーンさんにとって
唯一の楽しい場所だったんです。

5~15歳までの11年間ここに通い
図書館で日本語の本を読み漁ったり、
パソコンで日本のサイトを見たりしていたそうです。

その経験やスイスで通じ合えない状況を
変えたい気持ちが日本へと向かわせました。

春香クリスティーンさんが
16歳の時です。
単身スイスを飛び出したのでした。

スポンサーリンク


春香クリスティーンが生まれ変わるきっかけ

念願の日本は嬉しかったんですが、
意外と馴染めないものでした。

やはり人見知りが邪魔をして
挨拶をするので一杯一杯になっていました。

そこで彼女は気づいたのです。
「変わるのは環境じゃない、自分なんだ」

そう思った春香クリスティーンさんは
大好きだったテレビの世界を目指す決意をしました。

「ずっと見ていた日本のテレビの空間に居たい」

そんな思いがタレント事務所のドアを
片っ端から叩く行動へと移しました。
18歳の頃です。

やっとの思いで大手芸能事務所と契約を交わした
彼女を待っていたのは

番組オーディションを落選し続ける日々でした。
人見知りが直っていなかったのです。

マネージャーに
「下を向いてボソボソ喋っている人を
採りたい人いるわけないじゃない」

と言われた一言に電車のホームで
泣いたこともありました。

ですが変わることを諦めなかった
春香クリスティーンさんは
2年後、転機が訪れました。

ドイツ語でモノマネをするネタが認められ
ガラッと変わったんだそうです。

引用元:http://livedoor.blogimg.jp

あのドイツ語で「カッチカチやぞ!」
というネタですね。笑

このネタが出来たきっかけは息抜きのために
自宅のユニットバスの鏡の前で
全力で日本語のネタをやって
全力で笑う
という

シュールな姿をマネージャーさんに
見つかったことがきっかけだったんだそうです。笑

見たマネージャーさんも
びっくりしたことでしょう。笑

「それをドイツ語とかに変えてやってみたら?」
とアドバイスを受けて出来たのが
あのものまねだったのです。

好きになれなかったスイスの言葉が
彼女の人生を変えてくれた瞬間でした。

そこから人生は一転します。

スポンサーリンク


自分の殻を破った先に見えたのは…

引用元:https://rr.img.naver.jp

あの内気だった春香クリスティーンさんは
大声で叫ぶことで

周りから受け入れてもらえるようになり
自信が付き内面までさらけ出せるようになりました。

スイスでは一切自分のことを
出さない人間だったのが

さらけ出してたくさん喋ったおかげで
色々なことが恥ずかしさがなくなり、
乗り越えられるようになっていきました。

結果としてスイスに色々なことを学んだのです。

春香クリスティーンさんは
「スイスが無ければ今の自分は居ない」
と言えるようになっていました。

スポンサーリンク


仕事への想いとこれからのこと

仕事を初めて8年間
ようやく自分の居場所を見つけることが
出来ました。

引用元:http://www.sankei.com

春香クリスティーンさんは
「自分の想いを伝えられるようになったから
今できることは何でもやりたい」
と仕事への前向きな気持ちを語っていました。

今後の仕事に対しても
「自分もスイスで生まれ育ったから
そういう経験が何かしらの形で
生き続けたらいいなと思っている」

とおっしゃっていました。

きっと休業のこともすでに考えていて
話していたんだと思います。

もっと学んでもっと伝えていきたい
そういう前向きな気持ちが
彼女の中にはずっとあったんだと
このことばから感じ取ることが出来ました。

まとめ

春香クリスティーンさんは
とてもまじめで前向きな素敵な女性です。

自分の殻を自分で壊して前に進む
強い意志を持った女性だと思いました。

それが今回勉強のために休業したい
という思いにつながっていったんだと思います。

彼女はこんなことも言っていました。
「憧れはデーブスペクターさんです!」
ギャグを盛り込みたいのかな…

そうではありません!笑
アメリカの情報を日々持ってくる
デーブスペクターさんのことを
尊敬しているそうなんです。

「自分も懸け橋になってみたい」
その言葉が物語っていますね!

いつか成長して戻ってきた
春香クリスティーンさんを見る日が
楽しみで仕方ないですね♪

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

関連記事
→ 松島花は実家が裕福すぎて○○出来ない!?実家を離れられない理由が判明!
→ 松島花のダイエット方法が週三回の焼肉ざんまいってホント!?
→ ミッキーとミニーの関係は結婚してる?してない?○○との三角関係に秘密が…?
→ ミッキーマウスの誕生日はいつ?何歳になった?
→ ミッキーの初出演作品「プレーンクレイジー」でまさかのやんちゃぶりが発覚?!