釣り初心者が道具をそろえるならコレ!

釣り初心者はお金をかけないでいい

釣り初心者の方が最初に迷うのは
“道具は何をそろえればいいか?”
ですよね?
私が釣りを始めたときも
適当に購入して失敗しました。笑
失敗しながら成長するといいますが
出来るなら失敗はしたくないですよね。
私の経験から必要な道具を
お伝えしたいと思います。
もちろんこれが全てではないので
参考までにお読みいただければ
と思います♪
ちなみに私が行っている釣り方は
堤防や漁港で行う
チョイ投げ釣りです。
チョイ投げ釣りは
お子様から大人まで楽しめる釣りで
上手く投げることが出来ない初心者でも
楽しめることができます。

スポンサーリンク


釣り初心者が必要な道具 竿

釣り初心者ということは
何も分からない訳ですから
続けるかも分からないですよね。
個人的には続けて欲しいですが(*^^*)
なので高いものは要りません。
私も安物で揃えました。
魚に竿の値段はわかりません。笑
私のおすすめは
“中古の竿”を購入することです。
釣具屋さんの中古の竿には
格安コーナーがあり
そこなら安くて
500円くらいから売っています。
私の竿は800円くらいで
今でも使っています。
中古では良い竿が
安く売っていることがあるので
もともと安い竿を購入するより
物が良かったりします。
※注意点として安い理由を理解して
納得できるものを購入してくださいね。
竿は収納式でなく
上下で外せるタイプのものを
おすすめします。
理由は糸を通す丸い輪っかの部分が
収納するので固定されておらず、
使用中に動いてしまうことがあるからです。
また、
竿があまり長すぎず、重すぎず、
ほどよくしなるくらいの物が
いいと思います。
竿に数字や文字が書いてあっても
初心者は気にしなくていいと思います。
違いがわからない段階で
気にしても疲れちゃうだけなので(^_^;)

釣り初心者に必要な道具 リール

リールはくるくる糸を巻く器具です。
中古の竿には付いていない場合が多いので
購入しなければなりません。
リールには種類がありますが、
“スピニングリール”
を使用してほしいです。
他にも“ベイトリール”などありますが、
扱いが難しいので慣れてきてからにしましょう。
“スピニングリール”とは
円柱の形をした部分に
糸が巻きつけてあるものです。
釣りと言えばこのタイプでしょう。
リールは、
すでに糸が巻いてあるものが良いです。
すぐに使えるので初心者にはおすすめです。
ワゴンなどに置いてあるような
安いリールで構いません。
その際の基準として
ハンドルを回してみてなるべくスムーズに動く
ものを選ぶといいです。

スポンサーリンク


釣り初心者に必要な道具 おもり&針

おもりは釣り方によって違います。
投げ釣りをする場合は
天秤型のおもりをおすすめします。
理由は
根がかりと言って海藻や岩の隙間に
挟まって取れなくなってしまう状態を
回避できるからです。
このおもりのおかげで
無くす回数が減りました。
あとは“根魚”といわれる
岩場の影などに隠れている魚を
釣るときは“ブラクリ”という
おもりと針がくっついているタイプを
使用することをおすすめします。
ブラクリも根がかりを
抑制してくれます。
針についてですが、
“針のみ”と“釣り糸付き”がありますが
釣り糸付きを選んでください。
針のみは想像つくと思いますが、
自分で釣り糸をつけないといけません。
なので釣り糸付きの針を
選ぶようにしてください。
種類がたくさんありますが、
釣りたい魚によって違うので
キス用、カサゴ用など
商品に書いてある表示を参考に
選んでください。

釣り初心者に必要な道具 その他

竿、リール、おもり、針があれば準備完了です。
エサをつけて海に投げるだけです♪
そのほか必要最低限のものは
次のものになります。
・保冷バッグ(氷を入れておく)
…100均で発泡スチロールのバッグが売っています。
魚を冷蔵保存するため氷を入れてください。
・ハサミ
…こちらも100均で売っています。
エサを切ったり、糸を切ったりします。
・ウェットティッシュ or タオル
…魚やエサを持った後に拭くためです。
臭くなるのであるととても便利です。
この3点さえあれば十分釣りを
楽しめると思います。

釣りに慣れてきたら次のステップを

高額な道具を揃えなければならない遊びだと
なかなか手が出せませんよね。
上を見れば高額なすごくいいものが
たくさんあります。
ですが、初心者からそういうものを使っても
宝の持ち腐れだと思います。
まずは感覚を知ってもらいたいです。
そのための道具くらいに思って
選んで欲しいと思います。
だって魚に金額はわからないんだから☆
今回私の経験からお伝えしましたが、
一つのやり方として捉えてください。
あなたの好きなやり方で
釣りの世界に足を踏み込んでみませんか♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする