脚の長さ平均比率は45%?脚を長く見せるコツはひざ下の長さが重要!?

「脚を長く見せる方法はひざ下にあった!?」

突然ですが私は脚が短いです。笑

脚を長く見せたい!

これは短い脚族にとって長年の課題です。笑

そもそも脚の長さって何で決まるんでしょう?

脚より胴の方が長いか短いかに決まってるじゃん!

果たしてそうなんでしょうか??

実はそうではないのではないか、
という疑問が浮かんできたのです。

今回は脚が短く見える原因を
探ってみました!

スポンサーリンク


脚の長さは身長の45%が標準?

まずは一般的な脚が身長に対して
どれくらいの長さがあるのかを
調べてみました。

その割り出し方は

脚の長さ ÷ 身長 × 100 =(%)

標準的な脚の長さは
実は身長の45%あれば普通だというのです。

ちなみに
モデルになると47~48%くらい
50%を超える方はかなり脚が長いと言えます。

この式に当てはめると、

155cmの人は69.75cm
160cmの人は72cm
170cmの人は76.5cm

になるんです。

意外と半分無いんですよね。

じゃあ私は45%以下しか脚の長さがないのか…

そう思いながらも測って割り出してみました。

「・・・!!私、45%あるじゃん!!」

そうだったんです。
私の脚の長さはちょうど45%だったのです。

ではなぜ脚が短く見えるのでしょう?

その疑問は脚のある部分が
カギを握っていることを発見したのです!

ひざ下の長さが脚を短く見せている?!

ひざ下の長さを気にしたことありますか?

私は脚が短く見える理由は
ひざの位置に問題があるのではないか
ということに目を向けました。

どういうことかと言いますと、
こちらのイラストを見てください。

イラストAとBどちらが長く見えますか?

節となる部分が上にある方が
長そうに見えませんか?

それと同じで脚もひざの位置で
見え方が変わってくるんだと思います。

ではどうしたら良いのでしょう?

脚を伸ばせばいいのです!

いやワンピースのルフィか!笑

というのは冗談で、
単純に視点を意識的に上げてあげればいいんです。

これも目の錯覚ですが、
上から下まで同じ幅よりも
下が絞れている方が長く見えます。

上にボリュームを持ってくることで
長く見せることが出来るのです。

これを踏まえて服を選んでみましょう。

スポンサーリンク


脚を長く見せる服の選び方

脚を長く見せるための服の選び方で
注意すべき点がいくつかあります。

ウエストの位置を高めにする

ウエストの位置をハイウエストにしましょう。
すると簡単に脚長効果を生み出せます。

下のイラストを見てどうですか?

右のイラストの方が
切り替えを高い位置にしているので
脚が長く見えませんか?

この様に切り替えを
高めにするだけで視点が上に上がり
脚が長いように見えるのです。

パンツスタイルでも
股上深めのパンツを選ぶことで
脚が長く見えるのです。

トップスの選び方

トップスは短めにすることが重要です。

トップスが中途半端に長いと
胴が長く見えてしまいます。

下のイラストのように
左はトップスが長いため
右に比べて脚が短く見えます。

トップスを短くすると
単純に胴が短く見えますよね。

ただし、私がそうなんですが、
骨盤周りが広め・・・
いわゆるお尻が大きめの人ですね(^^ゞ
そういう方は
パンツよりもスカートにした方が
紛らわせられるはずです!

靴の選び方

靴を選ぶならハイヒールが
おすすめですね。

ヒールのある靴は足の甲が見え、
より長く見せてくれます。

さらに言うなら色はベージュが最適です!
肌の色と同じにすることで
脚の延長のように見えるためです。

いやハイヒールみたいな
高い靴はちょっと履けないよ。。

という方におすすめな靴は
細身のペタンコ靴か、
コンバースみたいな
細くなっているスニーカー

おすすめです。

ごつめのスニーカーでは
足元に注目を集めてしまい、
短いことを強調してしまいます。

出来れば細身で
脚の延長線に靴があるような
ものを選ぶようにしましょう。

まとめ

私は小さい、太い、短いの
三大コンプレックスを抱えています。笑

服でそれをカバー出来ないか
日々研究を重ねています。

それでも失敗してしまうことがあります。笑

服は何度も何度も試着して、
自分の体形に合ったものを選ぶことを
おすすめします。

流行りの服や自分の好みで選んだ服が
全然似合わなくて悲しい思いをしたことありませんか?

一度試着をして、
本当に似合うかどうか冷静にチェックして
購入すればきっと良い服と巡り合えますよ♪

自分の体形と服の特性を知って
おしゃれを楽しみましょう♪

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする