HY「366日」の歌詞の意味には仲宗根泉の熱意が込められていた♪

引用元:https://i.ytimg.com

「一年中思っても、足りない…」
そんな恋をした事ありますか?

HY「366日」のタイトルには
そんな意味が込められています。

一年中あっても足りないくらい好き
というタイトルなのに
なぜ失恋ソングなんでしょう?

そこには恋愛の教祖と言われる
仲宗根泉さんの魔法がかかっているのです。

「366日」の歌詞にはどういった
意味が込められているのでしょうか?

そこには仲宗根泉さんの本気度
隠されていました!

スポンサーリンク


「366日」は仲宗根泉の熱意で作られたものだった!

引用元:http://x108img.peps.jp

「366日」を作ろうと思った理由は
ファンからの手紙がきっかけでした。

手紙を送ったファンの方は
相当な失恋をしてしまい

悲しみに暮れているところを
仲宗根泉さんに助けを求めたのでしょう。

その手紙が心に響いた
仲宗根泉さんは曲を作る決意をしたのです。

曲を作ろうとした仲宗根泉さんですが
あることをしてしまったのです。

私なら絶対に出来ない事ですが、
仲宗根泉さんの音楽に対する
熱意がそうさせたのでしょう。

それは仲宗根泉さんが当時付き合っていた彼氏
突然何も言わずに別れを切り出した
そうです!

仲宗根泉さんは
実際に体験しないと本気の歌詞が書けない
思ったようなんです。

この手紙に応えられる曲を作るには
同じような状況に立ち
その痛みを実際に味わわなくては
いい曲が出来ないと思ったようです。

そこから「366日」が生まれたのでした。

仲宗根泉さんの彼氏は理由を聞かされず
唐突に別れを切り出されたので

彼氏の方が大失恋だったのでは?
と思えて仕方ないですが。笑

ただ仲宗根泉さんは
それくらい曲作りに全力投球
挑んでいることが伝わってきますね!

『366日』に心打たれる理由が分かりますね。

仲宗根泉さんが作詞した
『366日』の歌詞に込められた意味とは
どういったものだったのでしょうか?

スポンサーリンク


HY「366日」の歌詞の意味とは?

引用元:https://i.ytimg.com

歌詞の意味を私なりに考えてみました。

「会うって言ったのに
直前で会ってくれない。
たまにしか会ってくれない

そんな彼でも自分がそばに居たいと
思ったから会えなくても
別れずに居た。

だけど彼は別れを選んだ

別れてしまった淋しさからか
彼の匂いやしぐさ全て忘れられずに
思い出してしまう。

客観的に見れば
笑ってしまう事かもしれないけど
本気で思っていた証拠だよ。

初めて本気で思った相手に出会い
失恋が苦しくて悲しい事だと知った

もう二度と戻れなくても
私の中では全てを捧げた人
忘れられない人なんだよ。」

失恋直後の悲しい歌ですよね。
説明していて悲しくなってきました。

それくらい女性にとって
感じたことのある率直な歌詞なんです。

ここに仲宗根泉さんの
力強い歌声が加わって
聴いてる人に感動を与えるのですね。

「366日」にははのちに映画の主題歌になるのです。



「366日」と映画「赤い糸」の運命的な出会い

元からあった「366日」は
運命的な出会いのように
映画「赤い糸」の主題歌になります。

引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

この映画「赤い糸」というのは
高校生の男女のリアルな恋愛を描いた
作品です。

互いに惹かれていく男女が
実は2月29日のうるう年生まれ
という共通点があり
二人は運命を感じます。

16歳の誕生日に必ず一緒に祝おうと
約束をしますが、

その後男の子のある過去が分かり
女の子の前から姿を消します。

「運命の人」と結ばれることが
出来るのか…。
という話です。

映画のために作られた歌ではないのに
「366日」と「うるう年の二人」
なんだか運命的な出会いですよね!

仲宗根泉さん
「赤い糸」を読んだときに
自分の恋愛と似てるじゃん!

と思ったそうです。

映画の主役の女の子にとっても
「どれだけ会っても足りないくらい」

男の子の事が忘れられない
存在なのだと思います。



まとめ

「366日」会いたい気持ち
私もすごく分かります。

会っても会っても
足りないくらいに会いたいのは

好き以上の気持ちがあるから
なんですかね。

仲宗根泉さんの歌詞は
女の子の気持ちをストレートに
表してくれるので
感情移入して聴いてしまいますね。

仲宗根泉さんの魔法に
まんまとかかってしまってます♪笑

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

おすすめの記事はこちら↓

HY「song for」歌詞の意味は?仲宗根泉が語る驚きの誕生秘話!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする