コンビニの値段が高い理由を教えて!もっと安く出来ないの?

「コンビニの値段ってなんで高いんだろ・・・」

そう思った事ありませんか?

私は以前からそう思っていました。

「定価じゃん!」

「スーパーのが半分近く安いじゃん!」

「ぼったくり??」(笑)

なんてひどいことを思ったものです・・・

でもその裏にはコンビニとスーパーの違いが
生んだ価格設定だったのです。

これを知れば納得してコンビニを利用できますよ(*^^*)

コンビニの価格設定が高いのは
こういった理由から来ていました。

スポンサーリンク


コンビニが高い理由は”フランチャイズ”

スーパーが商品を売るとき
メーカーから商品を購入し、
利益を上乗せして販売します。

なので、

販売価格 - 仕入れ値 = 利益

となりますよね。

利益は経費を差し引いたものが、
スーパーの”儲け”となります。

基本的にはコンビニも同じなのですが、
利益の内訳が違うのです。

コンビニで出た利益は
売り上げた店舗だけの儲けではなく
その一部をコンビニ本部に渡さなくてはいけないのです。

利益 = コンビニ本部の取り分 + 店舗の取り分

これにはコンビニの形態が関係しています。

コンビニというのはフランチャイズです。

フランチャイズと言うのは、
名前やノウハウなどを保有している事業者
他の事業者と契約を結び、
名前やノウハウなどを使用して、
同一のイメージのもとに事業を行う権利を与え

その見返りに一定の対価をもらうという
システムです。

一定の対価を払わなければいけないため、
コンビニはどうしても価格設定を高めにして
販売しなくてはいけないようなんです。

単純に考えても
二つの事業者で分け合うには
利益を多めに取らないと
やっていけないですよね。

こういった仕組みが
コンビニの値段が高い原因のうちの
ひとつにあたるようなんです。

ですがそれだけでは無いようなんです。

値段が高いのはメーカーに事情がある?

メーカーはスーパーとコンビニで
出荷価格を変えているそうなんです。

もちろんコンビニの方が
高めに設定しているんですが、
スーパーへの出荷価格は
メーカーの本音としては
不本意のようなんです。

出荷価格を安くされてしまうと
利益が少なくなるのはもちろん、
商品のブランドとしての価値が
下がるのを恐れているんです。

あまり本来の価格と差をつけて欲しくないのです。

確かに高い値段にはそれなりの価値を
感じますよね。

ただ、スーパーの安売りを認めないと、
他社メーカーとシェア争いで負けてしまうので
仕方なく…といった状況なんだそうです。

その点コンビニは
本来の価格で販売してもらえるので、
通常の価格で出荷しているんです。

でもまてよ?
なんでコンビニも値下げしてもらうように
お願いしないんだろう?
そうすれば利益がっぽりじゃん!

なんて悪魔のささやきが聞こえてきません?

私ならそう思います( ̄ー ̄)ニヤリ

ですが、コンビニにも理由があるようなんです。

スポンサーリンク


コンビニが積極的に出荷価格を値下げしない理由

どうやら値下げ交渉を
全くしていないわけでは無いようなんです。

駆け引きがあるようなんですが、
メーカーも簡単には折れてくれないのが
実情のようなんです。(´・ω・`)

では、
強気に出て値下げしてくれなければ
扱わないようにすればいいじゃないか!

なんて考えもあると思いますが、
本当に扱えなくなれば
品ぞろえの悪いお店になってしまいます。

コンビニはスーパーよりも
他の店舗との距離が近いので、
お客を取られてしまう可能性
スーパーよりも高いですよね。

そういった事もあり、
メーカーに強気で交渉出来づらい
状況があるようなんです。

ですが、コンビニは安くしなくても
買ってくれるシステムがあるんです!

そう、コンビニの代名詞

”24時間営業”です!

さらに

”店舗に入るまでの近さ”

圧倒的にコンビニの方が便利です。

ジュース1本買うのに
スーパーに入って買うよりも
コンビニでささっと買って飲んだ方が
すぐに飲めますもんね!

さらにコンビニには
様々なキャンペーンや部分的な値下げなど
メーカーさんの協力で行っているようなんです。

くじで品物を差し上げたり、
フィギュアなどのオマケをつけたり、
ボーナスポイントなど部分的な値下げを行うなど
メーカーと協力してスーパーに負けない
付加価値で勝負しているんです。

この様にメーカーとコンビニで
タッグを組むことで
出荷価格をメーカー希望価格で取引
しているようなんです。

それ以外にも値段が高くても
コンビニの商品を買ってくれる
理由があるんです。

スーパーにないコンビニ独自の商品がある

スーパーはコンビニと違って
凄く広いのでたくさんの商品を
置くことが出来ます。

ですが、コンビニにしかない
商品もあります。

たとえば

1リットルのペットボトル
1リットルのパックのお茶

など

コンビニ特有の商品があります。

このコンビニ特有の商品には
スーパーという競争相手はいません。

こういった商品は
コンビニでしか買えないという
独自性でお客様にアピールできますよね。

例えば、
2リットルは安くていいけど
飲みきれない人にとって
1リットルのペットボトルは
ありがたいですよね!

まとめ

コンビニの値段が高い理由を
まとめてみました。

いかがでしたでしょうか。

そもそもスーパーの価格が安すぎで
コンビニだと考える方が
自然かもしれないですね。

もちろんコンビニも
スーパーのように安かったら
消費者としては嬉しい限りではありますが♪

すぐ買える、いつでも買える
という”時間を買う”という感覚で
考えれば高くても納得して
購入できますね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする