紅白歌合戦の出演者の選考基準は『のど自慢』って本当?その真相は?

引用元:http://蘭猫屋.com

「『のど自慢』が紅白の選考に大きく関係している?」

年末の恒例行事の一つといえば
紅白歌合戦ですよね!

最近はあまり見ない人多くなってるって話聞きますが、
それでも視聴率は年間トップクラスを誇っていますね。

紅白歌合戦の選考に
『のど自慢』が関わってるって知ってました?

「えっ『のど自慢』って
♪キンコンカンコン×2 キンコンカン
ってやつでしょ?
よくおじいちゃんおばあちゃんが歌ってるやつ!」

そんなイメージが強いですよね!

うちのおじいちゃんも大好きで
良く見て一緒に歌っていました。笑

『のど自慢』見るとうちのおじいちゃんが
一緒に気持ちよさそうに歌ってる姿を思い出すなぁ(笑)

そんな話は置いておいて( ̄▽ ̄)

その『のど自慢』がまさかの
紅白歌合戦に影響を与えていた
のです!

『のど自慢』と紅白はどう関係しているのでしょうか?

スポンサーリンク


のど自慢が紅白歌合戦を動かしている?

『のど自慢』が『紅白歌合戦』の選考基準のひとつになっている理由

それは第一次審査のハガキ応募にあったのです!

『のど自慢』の審査方法はこんな感じです。

『のど自慢』審査方法
【第一次審査】ハガキ応募 → 250組に絞る
【最終審査】 予選会 → 20組が合格!

第一次審査のハガキ応募には
歌いたい曲と曲への想いを書いて送るんです。

そう!

応募ハガキにはただ単純に好きなだけじゃない
愛されている曲がたくさん書かれているんですよ

でも理由は1つじゃないはずです。

私なりに『のど自慢』が紅白歌合戦の出演者選びに
最適な理由を理由を挙げてみました。

『のど自慢』が出演者選びに最適な理由
  • 1年中募集している
  • 全国を回るため、地域差が少ない
  • 思い入れが分かる

『のど自慢』は毎週日曜日に放送されていて
一年中応募していますし、
『のど自慢』の収録は
全国を回って開催されているんです!

こうして曲名が書かれたハガキが
毎回各地から届くわけですから
良い調査になりますよね!

でもこれだけではありません。

紅白歌合戦の出演者の決め方は
それ以外にもたくさんの手法で
出演者を選んでいくようなのです。

スポンサーリンク


紅白出場歌手の選考ポイント

紅白歌合戦の選考ポイントには
以下の3点があるそうです。

紅白歌合戦選考ポイント
  • 今年の活躍
  • 世論の支持
  • 番組の企画・演出

それを電話やネット、CDなどの実績などから
総合して判断するそうなんなんです。

私のところにかかってきたこと無いですけどね~
一度参加してみたい気もしないでもない(笑)

今回は選考基準が本当かどうか、
2017年に出場した
トータス松本さんで検証してみました!

初出場のトータス松本が選ばれたわけは?

引用元:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

今年の紅白歌合戦の初出場に
ウルフルズのトータス松本
さんが

ソロとして選ばれていましたね。

みなさん疑問に思われたのでは
ないでしょうか。

なぜトータス松本さん??
私も正直思いました…
(トータスさんとファンのみなさんごめんなさい!)

トータス松本さんの歌唱力が凄いことや
曲に魅力があるのはわかります。

ですが、
旬な方なのか?
そこまで需要があるのか?

と疑問が浮かんでしまいます。
(トータスさんごめんなさい!)

なぜいま?

それは二つのポイントがありました。

トータス松本が出演するためのポイント
    • 椎名林檎
    • 2020年「東京オリンピック」

椎名林檎とデュエット

引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

今年4月「GINZA SIX(ギンザ シックス)」
オープニングテーマソングに

「目抜き通り」という楽曲が選ばれました。

何を隠そうこれこそが
トータス松本さんを紅白出場へ導いた歌なのです!

「目抜き通り」という曲は
椎名林檎さんとトータス松本さんのお二人が歌われています。

ここで1つ目のキーワードが出てきました。

「椎名林檎さん」

引用元:https://rr.img.naver.jp

女性から見ても魅惑的ですよね~♪
声も色っぽいし楽曲も”ハイカラ”な感じが好き☆☆☆

すみません、感情が抑えきれずに出ちゃいました(笑)

2020年開催予定の「東京オリンピック」

そして二つ目のキーワード
「2020年の東京オリンピック」です。

NHKは紅白歌合戦のテーマを

「昨年から2020年のオリンピックまで
一つにして盛り上げていこう!」

というコンセプトを打ち出しました。
ちなみに「夢を歌おう」がテーマです。

そのため紅白歌合戦では
“オリンピックへの貢献”
一つの基準になるはずです。

椎名林檎さんは
リオ五輪フィナーレでの楽曲参加があり確定です。

その椎名林檎さんとトータス松本さんで
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のテーマソングを歌いました。

「GINZA SIX(ギンザ シックス)」は
2020年の東京オリンピックに向けて
新しく建てられた商業施設
だと思われます。

その証拠に銀座の観光案内拠点として
「GINZA SIX(ギンザ シックス)」1階に
ツーリストサービスセンターや
銀座初の観光バス乗降所を整備したそうです。

こうした理由からトータス松本さんは
紅白歌合戦に選ばれたのですね!

歌手の皆さんにとっては
何処にどんなきっかけが転がっているのか
しっかりと見極める事が重要になってきますね!

まとめ

毎年すったもんだがある(?)
紅白歌合戦の出場歌手ですが

色々な角度から総合的に見て決めているんですね。

だからなぜこの人が?という方が選ばれるんです。

1億2千万人ほどいる国民の意見を
すべて叶えるのは難しいです。

NHKさんも毎年試行錯誤の末、
決めている事ばかりで大変だろうと思います。

私を含め、
毎年楽しみにしている人たちの
心に残るような素敵な番組が出来るよう
頑張ってくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする