濃縮還元とストレートの違いは?濃縮還元オレンジはビタミン2倍になる!?

「濃縮還元とストレートってどう違うの?」

もう私、
この夏の暑さで汗かきまくって
日焼け止めが汗で効果が薄待ってしまって
紫外線の攻撃受けまくって困ってます。

そんな時には
ビタミンCを摂取するといいと思って
オレンジジュース飲もうと思ったんですけど、
気になっちゃったんです。。

「濃縮還元」と「ストレート」の違いに…

「何が違うんだろう?
そもそも濃縮還元って何?
ストレートはそのままってこと?

どっちが良いか分からないよー!」

そこで調べました!
濃縮還元とストレートの違いに
驚きの事実が隠されていました!

スポンサーリンク


濃縮還元とストレートの違いは?

濃縮還元とストレートの違い
簡潔に説明すると、

果汁をそのまま使っているか、否か。

ストレートと言うのは、
その名の通り、
の事を言います。

ストレートとは?

ストレートとはその名の通り
果汁を絞ってそのまま容器に入れた
100%ジュースのことを言います。

原材料に自身が無いと
なかなか出来ないのではないでしょうか。

産直市場などで
よく見かける商品だと思います。

無添加が多いというところと、
フレッシュな味わいが魅力的で
安心して飲めるのではないでしょうか。

濃縮還元とは?

濃縮還元というのは、
原料となる野菜や果物を搾り、
水分を除く濃縮加工し、
その濃縮原料に再度水分を加えて、
元の濃度に戻して容器に入れた
ものを濃縮還元ジュースと言います。

イメージとしては
インスタントコーヒーみたいな感じですかね。
乾燥わかめかな?
ちょっと違うか…笑

★分かりやすくイラストを作ってみました!★

分かりましたか?

でもここで疑問が浮かびますよね?

「なぜ濃縮還元しなくちゃいけないの?」

「なんでそのまま絞ったものの方が良いじゃん。」

それには、
4つの状況がカギを握るのです!

なぜ濃縮還元しなくちゃいけないの?

どうして濃縮還元に
しなくちゃいけないのでしょう?

それには濃縮還元の製法を
知るところから始めましょう。

濃縮還元するための「真空濃縮法」とは?

一般的な濃縮法として「真空濃縮法」が挙げられます。

これは減圧した中で果汁を加熱して水分を飛ばす方法です。

低い温度かつ短時間で濃縮できるそうなんです。

そして、
元の果汁の5分の1にした濃縮果汁を
水で5倍に薄めれば、
100%の濃縮還元ジュースになります。

そのことを踏まえたうえで、
濃縮還元することが良い答えは
この4つと言えるでしょう。

1.収穫時期以外でも使うことが出来る

2.体積が減った状態で保存できる

3.たくさん輸送できて輸送費が減る

4.安定した品質を保てる

具体的に説明していきます。

収穫時期以外でも使うことが出来る

野菜や果物は基本的に
採れる時期が決まっていますよね。

トマトは夏野菜なので夏に収穫されるし、
桃も夏がメインの果物です。

ですが、
年間を通して安定供給させて
いつでも飲めるようにしたい

そう思った方がいたんです。

あっ、どなたかは知らないですが(´・ω・)

「濃縮還元」製法があれば
収穫時期にたくさん収穫して
濃縮して保存しておけば、
あとは水を加えて
元の濃度に戻せばいいわけですもんね。

体積が減った状態で保存できる

5分の1に搾って水分を抜いていますから
皮などの必要ない部分と合わせれば
5分の1以上に体積が減って保存しやすいですよね。

また、野菜や果物をそのまま置いておけば
傷んでしまいます。

濃縮しておけば高い濃度で
長期保存しても抗菌効果が望めるのです。

たくさん輸送できて輸送費が減る

搾って水分抜いて体積を減らせば
より多く運ぶことが出来ます。

少ない体積で多く運べたら
輸送コストも減りますよね。

安定した品質を保てる

トマトジュースなどで有名な
カゴメさんがこのようなことを
おっしゃっていました。

原料となる野菜・果実は
収穫した時期、地域、品種等による
品質のばらつきがありますが、
「濃縮還元」により品質のばらつきを少なくし、
また還元する濃度を一定にすることにより、
安定した品質の商品をご提供することが可能になります。

出典:カゴメ株式会社

一つのジュースに一つのトマトだと
味にばらつきが出かねません。

一定の濃度にすることで、
戻す際に安定した味を出すことが出来るんですね。


こんな一石二鳥…いや三鳥、四鳥の
製法があれば使わない手はない…( ̄ー ̄)ニヤリ

「でもそんないい事ばかりなの?
だって水分入れて戻すんでしょ?
風味が無いんじゃないの?
栄養分も壊れちゃうんじゃ…」

ええ、風味はストレートに比べて
薄れてしまうのが難点なんです。

そこで香料を使用すること製品も
あるようなんです。

栄養素も気になりますよね。

濃縮還元は体に悪いのでしょうか?

濃縮還元は体に良い?悪い?

濃縮還元するのに
低温で水分を抜いて濃度を高くします。

その際に栄養が壊れてしまいそうですね。。

またまたカゴメさんが
この様なことをおっしゃっていました。

ストレートタイプのジュースと
濃縮還元のジュースと比べた場合、
例えば、
カゴメのストレートタイプのトマトジュースと
濃縮還元のトマトジュースでは、
栄養成分表示は同じ値です。

出典:カゴメ株式会社

カゴメさんが実証してくださっているように、
栄養成分に変化は見られないのです。

それどころか、増える飲み物もあるのです!

オレンジは濃縮還元でビタミンCが2倍?

実はオレンジジュースを濃縮還元すると、
ある栄養価が約2倍に増えるそうなんです。

それは

ビタミンC パントテン酸

ちょっと待ってください!
ビタミンCも2倍になるんですね!

私が欲しがっていたビタミンCですよ!笑

これらの栄養素は
抗ストレスホルモンの分泌を促進して
イライラが収まるんだそうです。

暑さにイライラしている時に
ぴったりですよね!

仕事でイライラした時に
グイッと濃縮還元オレンジを飲めば
落ち着くなんてこともありそうです。

その効果を利用して
食べ過ぎを防止する効果が期待できるんです。

詳しいことはこちらの記事をご覧ください。
食べ過ぎ防止に効く飲み物はオレンジジュース!?太らない3つの栄養素がカギ!

良い事ばかりの濃縮還元、
いやいやデメリットもありますよね?

スポンサーリンク


濃縮還元のデメリットは?

濃縮還元のデメリットといえば、

・産地が分からない

・香料を使っている商品もある

この2点が思い浮かびます。

それぞれについて見ていきましょう。

産地が分からない

世界各地から原料を濃縮して輸入した場合、
どの国からどれくらい輸入しているのか
濃縮されてしまったら分からなくなります。

これについては濃縮還元ジュースに限らず
あることだったりしますが。

加工すると産地を明記しなくても
いいみたいなので。

香料を使っている商品もある

濃縮還元のデメリット
風味が飛んでしまうところを
カバーするにはやはり、
香料を使わないといけないものがあります。

もちろん香料に気を遣っているはずですが、
やはり無添加を気にしている人にとっては
デメリットになりうる点だと思います。

濃縮還元ジュースを紹介

まずはカゴメさんから
ご紹介しましょう。

カゴメトマトジュース

100%トマトなのでリコピンとGABAを
手軽に摂取できる商品です。

GABAが含まれており、
血圧が高めの方の血圧を下げる機能が
あることが報告されているので、
血圧が高めの方におすすめです。

トマトジュースが苦手な方は
料理に使用するのがおすすめです。
レシピ例を載せておきました!

Cpicon トマトソースでズッキーニ炒め★彡 by ゅららぁ〜

Cpicon トマトジュースで簡単♪ ガンボ風スープ by らるむ。

カゴメ野菜ジュース食塩無添加

トマトジュースベースの
野菜ジュースになります。

トマトジュースの味が強めなので
少し苦手な方がいるかもしれませんが、
トマトジュース単体よりも飲みやすい商品です。

POM ポンジュース

実はポンジュース濃縮還元で作られています。

ただ、
ストレートジュースも売っているみたいです。

ストレートは100%の完熟愛媛みかんを
無添加で瓶に詰めたこだわりの商品です。

その代わり価格が高めです。

通常のポンジュースも
こだわりをもって作っているので、
どちらも美味しい事に変わりはありませんよ♪

果汁の美味しさにこだわり、
まじめに取り組んでいる「POMブランド」を代表する商品です。
爽やかな香り豊かなオレンジ果汁と国産温州みかん果汁をおいしくブレンドした、からだにやさしい果汁100%ジュースです。

出典:えひめ飲料

1日分の野菜

伊藤園の1日分の野菜も濃縮還元です。

こちらは厚生労働省が推奨する
1日の野菜摂取量350g分を使用した
野菜汁100%飲料だそうです。

砂糖も食塩も不使用なので、
健康にこだわる方におすすめです。

ミニッツメイド

100%ドリンクで有名なこちらも
濃縮還元で作られています。

ミニッツメイドはよく飲みましたね~。
自動販売機によく売ってますよね!

それいけ!アンパンマンの完熟りんご100

小さなお子様をお持ちの方は
よく買われるのではないでしょうか?

アンパンマンがついている100%ジュースです。

ストレートジュースのご紹介

有機アイコ100%のトマトジュース

自家菜園で育てた有機アイコのトマトジュース。
アイコ本来がもつフルーティな甘さとほど良い酸味をお楽しみください。

こちらは北海道産の有機アイコという品種の
トマトを使用したトマトジュースです。

無添加、無農薬にこだわった
ストレートジュースです。

有機アイコという品種は
トマト嫌いな方でも飲みやすいように
フルーティな味に改良したものだそうです。

松永うの花農園・完熟りんごジュース

富山県にある「松永うの花農園」で作られた
ふじりんごの中でも糖度15度以上のりんごを
使ったストレートジュースです。

やはり採れたてをすぐに加工できる
農園という強みを生かすには
ストレートジュースが一番ではないでしょうか。

サンクゼール・くだもの100%ジュース

長野に本社を置くサンクゼールの商品で
長野県産の果物を使った
ストレートジュースです。

長野という果物の宝庫である強みを生かした
100%ジュースです。

銀座千疋屋 銀座ストレートジュース

銀座千疋屋と言えば
高級フルーツで有名なお店ですね!

千疋屋が作ったストレートジュースと言ったら
美味しい事間違いなし!

千疋屋が厳選したフルーツのみを使った
濃縮ストレートジュースですね!

アルプス 信州ストレートジュース

アルプスはワインとジュースにこだわった
長野県にある会社です。

やはり長野県という果物に強い土地で
作られているストレートジュースなので、
美味しいこと間違いないはずです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルプス 信州ストレートジュース詰合せ (250ml×12本) VJ-300
価格:4258円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)

まとめ

濃縮還元とストレートの違いを
ご紹介しました。

ストレートには素材本来のうまみ
フレッシュさを活かした旨さが
味わえると思います。

一方の濃縮還元の方は、
旬の時期にしか味わえない旨みを
濃縮還元製法で保存しておいて
いつでもその美味しさを味わえることが
良さだと思います。

ストレートよりも安いですしね☆

私は濃縮還元ジュースを普段飲んで、
ご褒美にストレートジュースを飲もうと思います☆

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする